外国で日本語を日本語で教える

画像をクリックすると動画を再生します。

※匠の技のコンテンツを閲覧するには、Adobe Flash Playerが必要です。

ボルドー第3大学で日本語を教えている富樫先生による、日本語非専攻のフランス人向けの日本語の授業。

日本語学科の学生ではないけれども、日本に興味を持ち、日本語を学んでみたい、と考えているフランス人のために開講されている授業で、すべて日本語で指導をしています。インタビューの中で、富樫先生は、「語学の授業には、遊びの要素があるから、そのときだけは子どもにかえれる。教室に居るときだけは子供になる。それを楽しめる余裕が大人にはある。」と話されています。確かに勉強は厳しいものですが、同時に、学ぶことは遊びであったり楽しいものであったり、そういった要素もあったはずです。そのことを思い出しました。

日本人にとって当たり前の日本語を、外国人はどのように学ぶのか-日本語を見直すきっかけを与えてくれる授業です。

  • ※教員の所属、科目名、科目区分等は撮影時のものです。
  • ※匠の技のコンテンツを閲覧するには、Adobe Flash Playerが必要です。

基本情報

科目名 日本語 授業実施者 富樫由美子
大学名 Université Michel de Montaigne
- Bordeaux 3(ボルドー第3大学)
撮影日 2010年12月10日(金)
科目部類 クラブ(レベル3) 実施場所 Université Michel de Montaigne
- Bordeaux 3(ボルドー第3大学)
  • 登録者:江本 理恵
  • 登録日時:2011/06/22 15:30
  • 公開範囲:一般