学生とともに作る授業を目指して

画像をクリックすると動画を再生します。

※匠の技のコンテンツを閲覧するには、Adobe Flash Playerが必要です。

学生たちが自分たちで授業を作っているんだ、という実感を持てる授業はどうすればできるのか」このように語る木野先生の授業は、ドキュメンタリーを活用した「教師が教壇に立たない」授業です。

「教員の役割はサポーターまたはファシリテーター」

木野先生は、この授業の中では学生の学びのサポートに徹しています。しかし、だからといって楽になるわけではなく、様々な角度からのサポートは、おそらく、講義をするよりも手がかかっているのではないでしょうか。さらに、コースツール(Webシステム)を活用することにより、学生さんたちは授業時間以外にも、かなり主体的に学んでいるに違いありません。

  • ※教員の所属、科目名、科目区分等は撮影時のものです。
  • ※匠の技のコンテンツを閲覧するには、Adobe Flash Playerが必要です。

基本情報

科目名 ドキュメンタリー・環境と生命 授業実施者 木野 茂
大学名 立命館大学 撮影日 2010年11月12日・12月17日
科目部類 教養教育 実施場所 立命館大学
  • 登録者:江本 理恵
  • 登録日時:2013/03/25 11:15
  • 公開範囲:一般